お知らせ

【募集中】講演会開催のご案内「成年後見制度と市民後見人への期待」

成年後見制度は、認知症や障がいなどにより、判断能力が十分でない方の権利を守り、財産管理を行いながら本人を支援する制度です。

市民後見人は、同じ市民の立場で、きめ細かな支援を行う新たな担い手とし期待されており、市では、2人の市民後見人が活躍しています。

第2期市民後見人の養成にあたり、記念講演会及び市民後見人養成講座説明会を開催します。

①講演会「成年後見制度と市民後見人への期待」

制度概要と市民後見人からの活動状況の報告

②市民後見人養成講座説明会

養成講座の申込を希望される方は、原則、説明会に出席してください。

日程  2019年(新元号元年)6月25日(火)

①午後1時30分~午後3時30分

②午後3時40分~午後4時00分

講師  ①内嶋順一弁護士、市民後見人 早川惠子氏    ②市社協職員

場所  伊勢原シティプラザふれあいホール

対象  伊勢原市在住の方 100名(申込順)

申込先 市社協 電話 94-9600(4/22~受付開始)

【市民後見人養成の流れ(概要)】

①市民後見人養成講座(基礎研修)8/29~10/10 (全4回)

②市民後見人養成講座(実務研修)11月下旬~3月(予定:全8回)

③実務研修(市社協法人後見事業支援員)6ヶ月間

④市民後見人バンク登録

※申込は4月22日から

講演会及び説明会チラシはこちら