共同募金

年末たすけあい募金

歳末たすけあい運動の歴史は昭和27年にさかのぼります。はじめは、生活保護を必要とする世帯や施設入所者への見舞金として配分するための募金でした。その後、住み慣れた地域で暮らしていくために必要な、さまざまなささえあい活動が展開されるようになり、だんだんそれらの活動への募金配分が行われるようになってきました。現在、歳末たすけあい運動は共同募金の一環として行われており、地域福祉活動の推進を主な目的にしています。

伊勢原市では、民生委員児童委員を通じて、市内在住の要援護者(在宅者)へ援護金を配分するほか、各地域の高齢者・障害者・子育てミニサロン実施団体に助成金を交付しています
期間:毎年12月